野菜作りへこめた気持ち

阿蘇の恵みを、身体にチャージ。

本当の野菜の味がする、とびきり美味しいお野菜を、いっぱい食べて健康に過ごすって素晴らしい。そんな気持ちを込めて、阿蘇の大地で生き生きと育ったお野菜をお届けします。

ぜひ、あなたにも。

 

阿蘇蔵農園が目指す農業

持続可能で、誇りを持てる農業を実現したい。土にこだわり、土と対話しながら、野菜と対話しながら、野菜が気持ちよく育つ最高の状態で栽培しています。

阿蘇蔵農園の持続可能な3つの考え方

1つめ▶”資源”

豊富な地下水、近隣の有機牛糞堆肥や緑肥、阿蘇の資源を活用した地域循環型の農業を目指しています。

2つめ▶”つながり”

農業体験・マルシェでの地域のつながり、都市の人と阿蘇の地域の人のつながり、野菜を育てる人と食べる人のつながり、を大切に育てる農業を目指しています。

3つめ▶“働く人”

わたしたちは、働く人も大切にしたいと思っています。作業の機械化、空調や作業環境などを充実させ、働く人に負担がかからない農業、持続可能な農業を目指しています。

野菜づくりのこだわり

「食卓の主役になれるお野菜」をお届けするこだわり

こだわり1 野菜本来の味・甘みで、とびきりおいしい!

阿蘇谷の中にある農場は、朝夕の寒暖差が大きな環境で育ち、甘みがあるお野菜になります。
阿蘇の地層は地下水も宝庫。野菜を育てるお水も、湧き出た地下水です。
火砕流の地層からミネラルをたっぷり含む地下水は、しっかりお野菜にもチャージされています。

こだわり2 ソイルブロック栽培で20種類を同時栽培!

阿蘇蔵農園では20種類以上の葉物野菜を同時に育て、食べ比べるのも楽しみ。
ソイルブロックという効率的な育苗体制で、多品種を一緒に栽培。
直接種をまかないので、しっかりと収穫後の土壌を休ませることも出来ます。
畑への植え付けは置くだけの簡単作業。働く人にも優しい栽培です。

こだわり3 野菜が生き生きする土作り!

阿蘇の地元産の堆肥や緑肥を熟成させ、自家製の堆肥を主に使っています。
また、年に数回は機械で土に穴をあけ、土に空気を送り込み、土中微生物の活性化を行っています。

こだわり4 持続可能への挑戦

年間を通じて野菜を作れるように、年間を通じて温度が一定の地下水を使った空調でハウスを管理しています。作業環境の空調もしっかり。野菜も働く人も快適です。
お客様の農業体験・テレワーク等のプログラムを企画し、地域とのつながりを作ります。
後継者のいない農地を引き受け、持続可能な農業を広げていきます。

News

野菜を買うONLINE STORE