阿蘇谷で育つサラダ野菜

阿蘇蔵農園が所在する阿蘇谷は、阿蘇山をぐるりと囲む外輪山と、阿蘇山の間に広がる盆地にあります。北側が阿蘇谷、南側は南郷谷と呼ばれています。標高は約500m~800mに位置し、冬は氷点下になる日も多い厳しい土地です。しかし、九州の水瓶ともいわれるような湧き水や河川などの水資源に恵まれ、野菜づくりには欠かせない、きれいな水が豊富にあります。そんな土地だからこそ、美味しい野菜が育ちます。

Asokura Farm is an agricultural farm which cultivates salad vegetable about 20 types throughout the year. We grow a lot of special vegetables that you can’t buy at supermarkets. The farm is located in the Aso Valley between Mt. Aso and the outer rim of Mt. Aso at an altitude of about 500m to 800m. It is a harsh land with many days below freezing in winter. However, blessed with water resources such as springs and rivers, there is an abundance of clean and pure water that is indispensable for growing vegetables. It is precisely because of this land that delicious vegetables grow.

 

 

阿蘇蔵農園が目指す農業

持続可能で、誇りを持てる農業を実現したい。土にこだわり、土と対話しながら、野菜と対話しながら、野菜が気持ちよく育つ最高の状態で栽培しています。

阿蘇蔵農園の持続可能な3つの考え方

1つめ▶”資源”

地下から湧き出す豊富な天然水や近隣の有機牛糞堆肥や緑肥など、阿蘇の資源を有効に活用した地域循環型の農業を目指しています。

2つめ▶”つながり”

農業体験やマルシェでの地域のつながり、都市から来た人と地域の人とのつながり、野菜を育てる人と食べる人のつながりなど、「つながり」を大切にする農業を目指しています。

3つめ▶“働く人”

わたしたちは、働く人も大切にしたいと思っています。作業の機械化、空調や作業環境などを充実させ、働く人に負担がかからない農業、持続可能な農業を目指しています。

野菜づくりのこだわり

「食卓の主役になれるお野菜」をお届けするこだわり

こだわり1 野菜本来の味・甘みで、とびきりおいしい!

阿蘇山と外輪山に挟まれた阿蘇谷は、冬は氷点下にもなる程、寒暖差が激しく、それ故、甘みのある野菜が育ちます。また、農園で使う潅水は、阿蘇山に降り注いだ雨がミネラル分を多く含む火山性の大地に染み込み、自噴水となって豊富に噴き上げる天然水で、この水を利用して年間を通じ約20種のサラダ野菜を生産しています。ミネラルをたっぷり含む地下水は、しっかりお野菜にもチャージされています。

こだわり2 ソイルブロック栽培で約20種類の野菜を同時栽培!

阿蘇蔵農園では、20種類以上の葉物野菜を同時に育てています。ソイルブロックという効率的な育苗体制で、多品種を一緒に栽培。直接種をまかないので、しっかりと収穫後の土壌を休ませることも出来ます。
畑への植え付けは置くだけの簡単作業。働く人にも優しい栽培です。

こだわり3 野菜が生き生きする土作り!

阿蘇の地元産の堆肥や緑肥を熟成させ、自家製の堆肥を主に使っています。
また、年に数回は機械で土に穴をあけ、土に空気を送り込み、土中微生物の活性化を行っています。

こだわり4 持続可能への挑戦

年間を通じて野菜を作れるように、年間を通じて温度が一定の地下水を使った空調でハウスを管理しています。作業環境の空調もしっかり。野菜も働く人も快適です。お客様の農業体験・テレワーク等のプログラムを企画し、地域とのつながりを作ります。後継者のいない農地を引き受け、持続可能な農業を広げていきます。

News

  • Information2024.6.5

    農園散策ツアー種まき 続報最終回

    3月末に開催された春の農園フェス。その農園ツアーで子どもたちが蒔いてくれた種のその後の様子を何度かここでご紹介させていただしました😌今回はそ...
  • Information2024.5.28

    価格改定のお知らせ

    いつも阿蘇蔵農園のお野菜をご利用頂き、誠にありがとうございます。この度、昨今の種材料の値上がりや、電気、ガス代の高騰により、2024年5月2...
  • Information2024.5.1

    農園散策ツアー種まき続報その2

    子どもたちの小さな手に乗っていた小さな種は、前回お見せしたようにあっという間に土から芽を出して、今は広いハウスの畝にお引越ししています。うん...
野菜を買うONLINE STORE